事業計画書の作成について

268a補助金などの交付申請の際に、多くの方にとって、最も作るのに負担を感じる書類が、事業計画書ではないでしょうか。
 
既に事業をなさっている方で、金融機関への融資のお申込みをされたことがある方は、一度は事業計画書を作成されたことがあるかと思います。

補助金の種類によっては、事業計画書が不要な場合がありますが、その場合であっても、最終的な目的は事業の発展にあると思いますし、会社の方向性や現状の再確認、改善点の抽出等が出来ますので、事業計画は立てることをお勧めいたします。

また、この作業を行うことで、補助金の申請書類の作成がスムーズになるというメリットも見逃せません。

さて、本題に戻りまして、補助金申請を通過するの為の事業計画書の作成方法にはコツがありますので、代表的なものをご紹介いたします
 
たとえば、

①他社との違い、独創性をいかにしてアピールするか。

②自社や個々の商品・サービスの特徴や、今後の計画を明確かつ客観的に記載します。

③沢山の申請書の中から、審査官の目に留まる企画や斬新を作り出せないかどうかを考える。

④自社製品の市場ニーズを数値で表し、具体的に記載します。

⑤過去の実績や、過去の失敗を具体的に記載し、その経験を生かした改善方法などを記載します。

⑥業界用語や専門用語の使用は極力控えましょう。

などになります。

具体的には、ご相談を頂けましたら、専門スタッフが対応させていただきます。

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください