圧縮記帳とは?

cc19c9358bc977a6a46271f36267eea7_l
圧縮記帳とは、支給された補助金を使って、不動産の購入や設備投資などで、固定資産を購入したときに使える会計処理の手法のことです。
 

『固定資産-補助金=購入金額』

 
という式によって計算し、せっかく交付された補助金が、

そのまま課税対象にならないように会計処理をすることができます。

ただし、圧縮記帳をしたからといって、補助金が非課税になるわけではありませんので、注意が必要です。

 
そのままでは、一括課税されてしまう税金を、固定資産の減価償却のときに後払いするというイメージで結構かと思います。
 

簡単に言いますと、0002499

補助金交付時に一括課税されることを避け、税金を後払いする。

という、方法なのです。

 
資金繰りに余裕が出来る手法ですので、ご活用いただければと思います。

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください